オンラインカジノが他のギャンブルより魅力的な理由

還元率

『オンラインカジノの魅力とは何か」という事について考えた場合、何より「還元率が圧倒的に高い」ということに尽きます。

パチンコや競馬等に比べて有利な理由

還元率(払戻し率)が圧倒的に高いというのは、
他のギャンブルと比較した際のオンラインカジノの大きな強みです。
還元率はギャンブルの世界で頻出する言葉で、
プレイヤーが賭けた金額全体から、運営元が払戻す割合を意味します。
オンラインカジノに限らず、ギャンブルを提供するあらゆる運営元は、
プレイヤーから集めたお金から、運営経費を捻出します。
それは、「参加するならいくら払ってください」という形で
露骨に徴収するのではありません。
それぞれのギャンブルに
ハウスエッジ(ハウスアドバンテージ)として
徴収する仕組みが内臓されていて、
言いかえれば還元率が100%よりも小さくなっているという事を意味します。

基本的に、還元率が小さくなればなるほど、
当たる確率が低い、確率に対して倍率が小さいなど
プレイヤー側にとってのハンデとなります。
具体的な例として、コインの裏表を予想するギャンブルをイメージして下さい。
普通のコインなら、裏がでる確率、表がでる確率は50%ずつですよね。
この勝負の還元率がもしも100%なら、オッズは確率のまま2倍で提示されます。
山田さんが賭けを受ける側、鈴木さんが賭ける側で勝負したとしましょう。
短期的に見れば、裏表の偏りでどちらかが勝ち越しているタイミングもありますが、
回数を繰り返すほどに出る目が確率に近づき、結果は限りなくイーブンとなります。
そんな勝負を山田さんが鈴木さんに提案するでしょうか?
よっぽどヒマか、大富豪か、はたまたもの好きでない限りやらないと思います。
そこで、還元率の登場です。
もともとオッズが2倍のところを、山田さんは1.80倍に変えました。
これは、還元率が100%から75%になったことを意味します。(計算は省略します)
裏表の出る確率は50%のまま。
この状態で両者が勝負を繰り返すとどうなるでしょう?
50%の確率のとおり、2回に1回当てたとしても、
徐々に鈴木さんの資金が目減りするのは分かりますよね。
その減った分が、山田さん(運営者側)の利益というわけです。
仕組みは違えど、あらゆるギャンブルはこのような構造で運営されています。

ペイアウト比較

各ギャンブルの還元率

その仕組みを踏まえて、各種ギャンブルの還元率を比較すると
・宝くじ…45~55%程度
・競馬・競艇・競輪…75%
・パチンコ…80%前後
・オンラインカジノ…平均95%前後
・スポーツブック…90~98%

この数値は概算ですが、オンラインカジノ(オンラインのスポーツブック含む)は100%に近い高還元率なんです。
つまり還元率が高い(背負うハンデが小さい)という点で
各種ギャンブルを比べたなら、
オンラインゲーミングが最もプレイヤーに有利ということです。
この違いが「勝ちやすい」「稼ぎやすい」ということに直結するわけではりませんが、
確率論上は負けるリスクが一番小さく、例えばダラダラとパチンコで遊ぶのなら
オンラインカジノの方が一攫千金の可能性が大きいのは間違いありません。